夫婦仲で過去、痛~い思いをし続けて、夫婦カウンセラーになったゆっちです。



NHKのドラマ、「下流の宴」を見ていました。



最後、フリーターの玉緒(女の子)が、恋人の両親に言うセリフ。



「好きな人と結婚するのに、なんで覚悟がいるんですか?」(by 沖縄なまり)



あああ、この気持ちわかります。



私も22歳で結婚するとき、覚悟のかの字もなかったです。



結婚に覚悟なんて、まったく必要ないと思っていましたよ~。



ただただ、「好きな人と結婚した~い、幸せになるぅ♪」と、ピンク色の眼鏡をかけておりました。




高校生のころ、三浦綾子さんが好きで、よく読んでいました。



ひつじが丘 (講談社文庫)/三浦 綾子


¥660
Amazon.co.jp

金にも女にもだらしのない色男・良一にひっかかって、結婚してしまう牧師の娘(だったと思う)のヒロイン奈緒実。



当然、親は反対するわけですが、そのとき父親は「愛とはゆるすことだよ。相手を生かすことだ」と、奈緒実に言いました。



父親は、娘にはその男を許し切れず、生かすこともできないであろうと、先が見えていたんですね。



高校生の時に読んでいたけれど、自分が結婚するときには、このセリフ、すっかり忘れてました。





みなさんは、パートナーを許し、生かしていますか?





そして、パートナーから許され、生かされていることに、感謝しているでしょうか?



許すことと生かすこと、それをし続ける覚悟…。



もちろん、結婚するときに覚悟がなくても、結婚しながら覚悟をしていけばいいんだなとも思います。



さてさて「下流の宴」、今後どうなるんでしょう?



がんばれ、玉緒ちゃん!



★愛され妻のセミナーありますよ★



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



女力アップで夫を惚れ直させる夫婦カウンセラーゆっち@東京




スパンと心を変えて楽ちん愛され妻になる講座

セクシャリティ講座 LOVE編

IMG_1444

あなたが100年愛される♪ お片付けの秘密

愛されママのもっと自分が好きになる子育て講座

ドカンと人気者になってあっさり月商100万円

アメブロ最新記事

フェイスブック

メールマガジン

愛されスイッチON!
メルマガご登録はこちらから

メールアドレス

カテゴリー

アーカイブ

Copyright (C) 2011 アラフォー妻のための 夫婦仲がすごく良くなるカウンセリング All Rights Reserved.
Go To Top