民法第770条

カテゴリー:┣妻ハート力アップ



夫婦だけでなく、「パートナーに浮気がばれるのはまずい」と思っている。



浮気がばれるとまずいのはなぜでしょう?


不倫は違法行為だから???

私は「夫婦間の貞操義務」というものが、民法のどこかにしっかり書いてあるのかな…と思っていたのです。



ところが、民法には…どこにも書いてなかった。



ただ、「不貞を、裁判上の離婚の理由にできますよ」ということは書いてあります。



民法第770条1 夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提訴することができる。



(1)配偶者に不貞な行為があったとき。



(以下略)



これは、話し合いで離婚ができず、裁判になった場合、離婚を提訴できる理由の一番目になっているという意味です。



(話し合いで決める協議離婚であれば、理由はなんでもOKです)



つまり、この離婚の訴えを提訴できる事由の一文から、貞操義務を推測しているにすぎないらしいのです。



現代、多くの女性が(男性も?)悩んでいる夫婦間セックスレス。



じゃあ、夫婦いずれかの拒否は離婚理由になるのか?



これは、この第770条1を続けて見ていくとわかるのですが



(5)その婚姻を継続し難い重大な事由があること。



これに当てはまるんだそうです。



つまり、どちらかが「レスは婚姻を継続しがたい重大な理由だ」と、思うかどうかということなんですね。













スパンと心を変えて楽ちん愛され妻になる講座

セクシャリティ講座 LOVE編

IMG_1444

あなたが100年愛される♪ お片付けの秘密

愛されママのもっと自分が好きになる子育て講座

ドカンと人気者になってあっさり月商100万円

アメブロ最新記事

フェイスブック

メールマガジン

愛されスイッチON!
メルマガご登録はこちらから

メールアドレス

カテゴリー

アーカイブ

Copyright (C) 2011 アラフォー妻のための 夫婦仲がすごく良くなるカウンセリング All Rights Reserved.
Go To Top