日常生活のセクシー

カテゴリー:┣フェロモンアップ

私は洋服や下着を選ぶとき、「この服を着ている私を見て、パートナーが喜ぶかどうか」を基準に服を選んでいます。



自分が着たい服や着やすそうな服を選んでません。



サービス精神旺盛でしょ?(笑)



男性が女性に求めるものは、小悪魔(セクシャリティ)&母性(居心地の良さ)ですが、外見に「母性」を求める男性はあまりいないと思われますので、基本的には見た目はやはりセクシャリティーを重視した洋服を選んでいます。



夏は、キャミソールにボレロをはおり、時々ボレロを脱いで、鎖骨のみならず、肩も見せる。



特に、鎖骨は、女性が思うより男性に色気を感じさせるそうですし、見せるのが恥ずかしいものでもないので、どんどんお見せしましょう。



肩も見えると色っぽいですよね。



私は勤めていた時、冬でも職場でノースリーブを着ていることで有名でした。



もちろんニットでタートルネックのものを選んでいましたが、職場は一年中エアコンが効いているので、薄着でも平気ですね。



というわけで、私は、夏はほとんどキャミなので、ひもなしブラも必須です。



私は、ひもなしブラを4つも持っております。



ヌーブラは楽チンなのですが、吸着面がどうにも不潔な感じなので、1シーズンで放棄しました。それに脱いだ時色っぽくないしぃ。



半そでは一番垢ぬけないスタイルと思っているので、めったに着ません。



逆に、セクシャリティを見せたくない場に行くときは半そでを着てます。



下半身はやはり、脚見せ。



ミニスカやショートパンツが大好きです。



トレンカやスパッツは、色気がないので基本はきませんが、ダメージドスパッツは一つ持ってます。



ところどころ破れて、肌が見えるので、色っぽいからです。



こういう格好は、慣れていないと、「セクシーに見えすぎて下品になるのではないか…」と危惧する気持ちもあると思います。



でも、大丈夫。



下品に見えたり見えなかったりするのは、服装ではなく、振る舞いだと私は思います。



姿勢や歩き方、座り方、話し方で下品さが露呈するのであって、服装だけで下品かどうかは決まらないように感じます。



そして、成熟した大人がそういう恰好をしても、あまり下品にならないなあ…というのが私の感想です。



世の中には男と女しかいないのですから、別にセクシャルな関係でなくても、お互いがときめく格好をしているほうが、楽しいのではないかと思います



そして、結婚した後にこそ、そういう工夫を忘れてはいけないような気がします。



パートナーの好きな色、好きな髪型、好きな格好、好きな下着を身につけてあげましょうよ。



そういう気遣いがあると「可愛い女」と思ってもらえて、愛されるのではないかなと思います。



日常生活に、そういうセクシャリティが皆無なのに、夜だけ「しよう」と誘っても…難しいみたい。



昼間の態度で、旦那さまを四六時中刺激することを、意識してみてはいかがでしょうか?



旦那様のための、色っぽい可愛い恰好をして、「テレビばっかり見てないで、たまには洗濯物ぐらい畳んでよ!」と目を吊り上げて怒りにくいでしょ?



色っぽく可愛い恰好をしていたら、「あのね、洗濯物たたんでもらえるとうれしいな♪」と言う方がお似合いです。



その積み重ねが、夜の充実を引き寄せると思います。


★女らしさを引き出すセミナーあります★



最後まで読んでくださり、ありがとうございました。



女力アップで夫を惚れ直させる夫婦カウンセラーゆっち@東京


スパンと心を変えて楽ちん愛され妻になる講座

セクシャリティ講座 LOVE編

IMG_1444

あなたが100年愛される♪ お片付けの秘密

愛されママのもっと自分が好きになる子育て講座

ドカンと人気者になってあっさり月商100万円

アメブロ最新記事

フェイスブック

メールマガジン

愛されスイッチON!
メルマガご登録はこちらから

メールアドレス

カテゴリー

アーカイブ

Copyright (C) 2010 アラフォー妻のための 夫婦仲がすごく良くなるカウンセリング All Rights Reserved.
Go To Top