男心に効く飢餓作戦

カテゴリー:┗結婚前



私は、2歳の雄のトイプーを飼っているのですが、飼い始めの当初、正直振り回されました。



いたずらをするので叱ると、かわいい顔をしてうるんだ瞳で見上げるのです。



正直、あまり叱れません。



ついつい「かわいい」とか「かわいそう」いう気持ちが私の表情に表れてしまいます。



フランスの王朝時代から、愛玩犬として扱われたいたプードルは、そのかわいらしさが武器になると遺伝子的にわかっていて、そのかわいらしさで、人間をコントロールし、自分の居心地の良さを作り出そうとしているようなのです。



つまり「かわいい」表情は、「申し訳ございません」とご主人さまに謝っているわけでも、媚びているわけではなく、

ただの遺伝子の記憶。



「こういう顔をすると人間はいうことを俺様のわがままを聞く」というような…ううむ。



で、私のドッグトレーナーさんは、犬に対してはやくざみたいにふるまいます。(ごめんなさい)



うちのぷーちゃんがどんなにかわいい顔をしても、言うことを聞かせるまで徹底的に怖い顔で指導します。



すると、あのかわいいぷーちゃんも牙をむき出して怒ったりします。(信じられない表情でした)



権力争いを始めるのです。



結局はトレーナーの先生が勝って、ぷーは言うことを聞くようになりますが、その様子を見て、「こんなに厳しくするのは、私には無理かも…」と正直思いました。





でも、私にもできたことが一つあります。



それはえさやりです。



ぷーは、あまり食事に興味を持たない犬でした。



それは私が与えすぎていたためです。



犬を指導する際、餌やおやつで釣るので、餌に興味がない犬は指導しにくくなります。



そこで、飢餓作戦スタートです。



餌に器を入れても犬が興味を示さない場合、すぐにえさを片付けてしまい、次回のご飯タイムまで何もあげません。



餌を残した場合もすぐに片付けてしまいます。



すると、犬にとって、いつものドッグフードの希少価値が高まり、これを繰り返すうちに、餌を入れたらすぐにがつがつ食べるわんこになるわけです。



つまり犬本来の狩猟心に火を付けるわけです。





これは男性も同じですよね。



手に入った女、いつでも呼び出せば会いに来てくれる女は、いつものおいしくないドッグフードになり下がってしまいます。



でも、メールしても返信が遅かったり、来なかったり、急な誘いはいつも断ったりする女性、会っても「ごめん、次の用事があるから」とすぐに帰ってしまう女性は、はっきり言って、中身が同じでも、即高級ペットフードになりえます。



女は「いつも私に何かを与えてくれる人が好き」なので、ついつい気に行った相手には、最大限を与えようとしてしまいがちですが、男は、いつも追いかけたい生き物なので、最大限をおしみなく与える女では、あまり大事にしたいと思わなくなる可能性が高いです。



女性の視点ばかりで恋愛をするのではなく、「男ってどうなんだろう?」って、男視線で考えてみると、「愛される女」をキープできるような気がします。


スパンと心を変えて楽ちん愛され妻になる講座

セクシャリティ講座 LOVE編

IMG_1444

あなたが100年愛される♪ お片付けの秘密

愛されママのもっと自分が好きになる子育て講座

ドカンと人気者になってあっさり月商100万円

アメブロ最新記事

フェイスブック

メールマガジン

愛されスイッチON!
メルマガご登録はこちらから

メールアドレス

カテゴリー

アーカイブ

Copyright (C) 2010 アラフォー妻のための 夫婦仲がすごく良くなるカウンセリング All Rights Reserved.
Go To Top