東京夫婦カウンセラーのゆっちです。



先日、セクシーになるワーク
について書いたら、思いのほかたくさん「教えてください」というメッセージをいただいてしまったので、ちょっとここに私の体験だけ書かせていただきますね。



私は一体、無意識に何をしていたかと言うと…実は、30代後半は、夏はほとんどノーパンで過ごしていたのです。そのうえで、ミニスカが好きだったので、結構ひざ上ミニスカートをはいておりました。靴はピンヒールが好きでした。



正直、私の人生で、一番フェロモンが出ていた時期でしたね、たはは。



その証拠に、東京ビッグサイトの展示会に行けば、「名刺交換してくださーい」と後ろから追いかけてくる若造がいたり、(ビジネスと思って名刺を渡したら、「ところで、ちょっとお茶でもいかがですか?」などと言われたり)、 会社帰りに乗り換える新宿や池袋で「あのー、お時間ありませんか、もしよかったら…飲みませんか?」と声をかけられたりしておりました。



「娘が待っているので、時間ありません」と本当のことを言うと、みんなすぐ撤退しましたけどね!



正直、大学を卒業して以来、街で声をかけられることなどなかったので、私の方がびっくりしてました。



別に彼らがスカートの中を覗いたわけではないと思います(当たり前か)。



そうではなくて、ノーパンでミニスカートをはいていると、どうしても私自身が意識してしまうのですよ、足さばきを…。



大股開いてがしがし歩いたり、電車の中で脚を拡げて寝たりできないでしょ? 当然、歩くときは膝と膝を擦るように歩いていましたとも。それだけでもう、所作が美しく、セクシーでエレガンスになると思いませんか?(鏡の前で試してみてね) 



「あそこを見られたら困る」ということを常に意識するということは、いつも女性 器を意識していることでもあり、それだけでも「私は女」という意識でいられるんですね。



ちなみに今はノーパンをしていないので、のぞかないように(笑)



もちろん、今はそういうフェロモンはずいぶん減っていると思います、はい。

その反面、ハートがずいぶんと成熟し女らしくなったので、外見フェロモンは封じているくらいでちょうどいいかな、ほほほっって感じです。



天使のハートと小悪魔の見た目のバランスが大事ですね~。



ところで、ノーパンでストッキングをはくと、もうめっちゃイヤらしいですよ~。マンネリ気味のカップルはぜひ。





愛され妻のセミナーあります。






最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



東京夫婦カウンセラー ゆっち









スパンと心を変えて楽ちん愛され妻になる講座

セクシャリティ講座 LOVE編

IMG_1444

あなたが100年愛される♪ お片付けの秘密

愛されママのもっと自分が好きになる子育て講座

ドカンと人気者になってあっさり月商100万円

アメブロ最新記事

フェイスブック

メールマガジン

愛されスイッチON!
メルマガご登録はこちらから

メールアドレス

カテゴリー

アーカイブ

Copyright (C) 2011 アラフォー妻のための 夫婦仲がすごく良くなるカウンセリング All Rights Reserved.
Go To Top