第一子というのは、「親の最初の子供」の意味です。



日本では長女とか長男と男女別で順位をつけますが、この場合は、性別をひっくるめて最初の子が第一子となります。



兄弟順位というのは、性格形成において、すごく重要なのでございます。



特にアドラー心理学では、兄弟順位をとても重視しているようです。



私は二人兄弟の最初の子です。



すなわち第一子。



下が生まれるまでは、一人っ子を満喫。



この世の春。



みんな私の言うことを聞いてくれますし、なによりも大事なお母さんを独占しております。



が、しかし、下が生まれると、一気にみんなの注目は妹に…。



もちろんお母さんだって、妹につききりになります。



「おねえちゃんだから我慢してね」といきなり我慢を強いられます。



そして、赤ちゃんのかわいらしさに、二歳児がかなうはずもありません。



そこで、第一子は作戦を練ります。



どうしたら可愛い赤ちゃんに対抗できるのか…



それは「しっかりものになる」こと。



二歳児なりに「しっかりもの」になって、親の関心を引こうとする…ですって。



「●●ちゃん、偉いね、一人でできたんだね。さすがお姉ちゃんだね」と褒めてもらう作戦です。



成長したあとも、第一子は常に兄弟の中のリーダー。



親がいないときは、親代わりになって、弟妹にいつも指示命令をする立場です。



すると、いつも「自分が正しい」と思いがちになります。



そして、そのまま大人になるそうです。



で、その第一子同士が、結婚するとどうなると思いますか????



怖いことに…お互いが「自分が正しい」と思っているので、権力闘争を始めやすいのです。



お互いに「自分が正しい」という先入観が、どっぷりあるので、まったく譲りません。



しかも、第一子というのは、しっかり者で、弁が立つ人が多いので、もうお互いに相手の弱点責めまくりです。



そう、第一子同志のカップルって…あまり相性が良くないらしいのです。



だから、第一子同士のカップルさん。



まずは「自分が正しい」と思うのをやめて、「相手が正しいのかも?」と思うようにするのはどうでしょうか?



そのためには、相手の立場に立つことが大事ですよね。



相手の立場に立って考えるって、本当に難しいかもしれないけど、成熟した女は、これができる!!!!はず。



大人の女になるための一つのレッスンだと思って、取り組んでみるのはどうでしょうかね?


スパンと心を変えて楽ちん愛され妻になる講座

セクシャリティ講座 LOVE編

IMG_1444

あなたが100年愛される♪ お片付けの秘密

愛されママのもっと自分が好きになる子育て講座

ドカンと人気者になってあっさり月商100万円

アメブロ最新記事

フェイスブック

メールマガジン

愛されスイッチON!
メルマガご登録はこちらから

メールアドレス

カテゴリー

アーカイブ

Copyright (C) 2010 アラフォー妻のための 夫婦仲がすごく良くなるカウンセリング All Rights Reserved.
Go To Top