●愛される価値がないと、子供時代に決めた私

こんにちは、八馬(はちうま)ゆみ、ゆっちです。

自分の内側から、声が聞こえてきませんか?

「私なんて、生きてる価値がない」

「どうして私、生きてるんだろう」

「死んじゃいたい」


って、なんの脈絡もなく、ふっと自分で言ってませんか?

そういうこと、意識したこと、ありますか?

他にも突然「ばかやろ~」「死ね~」って叫びたくなったり。

そういうこと、ないですか?

頭がおかしい?

えっとですね、恥ずかしながら告白すると、私は、こういう声が聞こえること、あるのです。

「生きてたって仕方ない」と言う声です。

この声がですね、夫婦仲が悪くなった大きな理由でした~

この声でチクチク私を刺していたんですね。

それに気づき、自分を幸せにするレッスンを重ねて、今や、愛され楽ちんワールドに引っ越してますが、まだまだちょっとしたきっかけで、こういう声がふっと聞こえるのですよ。

今は、対応法を知っています。

「ああ、また聞こえたな~、私、しつこいな♪ うふふ」って、自分をハグハグしてますけどね~。

私が「私には生きている価値がない」と決めたのは、多分小学校に上がる前くらい。

私の2つ下の妹は、障害があります。

障害がわかって以来、その妹にかかりきりになってしまった(ように私からは見えた)母。

母の愛情は、根こそぎ妹に奪われたと思ってしまいました。

健常者の妹であれば、もう少し感情を出して、張りあったり、いじめたりもできただろうけど、障害を持った「かわいそうな妹」に対して、それもできなかった。

妹をかわいがり、助ける優しいお姉ちゃんでい続けた。

そうでないと、母に愛されない、生きている価値がないと思いこんでいたから。

その一方、そんな妹の存在が、憎いと思っていたと思います。

でも、「そんな風に思う私は悪い子だ」と封印した。

そんな罪深さ感じて、憎しみを感じないようにふたをして、それでも、その憎しみに罪悪感を感じて生きていた。

「そんな罪深い私は、生きている価値はない。

こんな罪深い私は、愛される資格がない。

現に母は、私を愛さないじゃないか~」


こういう世界にずっといたんですね。

でも、そんなこと、40歳過ぎるまで、全然気がついてなかった~。

というのも、子供の時からいる世界って、当たり前の世界になっちゃいますよね。

だって、そこしか知らないんだもの。

ロシアに生れたらロシア語が難しいとは思わず、当たり前にしゃべれちゃうのと同じで。

でも、夫との問題が起きて、苦しくて、苦しくて。

そこから、どうしても抜け出したくて。

必死でいろんなことを学んで。

やっと「ああ、そうだったんだ。私は愛されないと子供時代から決めていたんだ」とわかったんです。

いろんなものの見方を知ることで、自分の生き方の癖がわかったのです。

神田うの様はどんな声が聞こえていますか?

耳を澄ませてみて。

自覚なくその言葉は繰り返されています。

それは、もう、流れていることにも気が付けないBGMのようになってしまっているかも。

あまりにもなじみすぎて。

でも、その声に気がつくと人生は変わる。

だから、自分の内側からふっとでてくる言葉に、耳を傾けてみませんか?

あなたの内側から出てくるメッセージです。

その声が、実は、あなたの人生を支配しているので。

旦那様との修復がうまくいなかいことや、愛され妻講座で習ったことがどうしても継続できないことも、その声が原因かも。

「死んじゃいたい」

「いなくなってしまいたい」

「ぶっ殺してやりたい」


理由もなく、そんな声、聞こえてくることありませんか?

その声の存在に、まずは、気がついてみませんか?

そして、そんな声に気付いた方々のために、6月20日は、セミナーをしますね。

アダルトチルドレン専門の、この方を講師にお呼びしています^^

愛しい皆様を心より応援しています。


スパンと心を変えて楽ちん愛され妻になる講座

セクシャリティ講座 LOVE編

IMG_1444

あなたが100年愛される♪ お片付けの秘密

愛されママのもっと自分が好きになる子育て講座

ドカンと人気者になってあっさり月商100万円

アメブロ最新記事

フェイスブック

メールマガジン

愛されスイッチON!
メルマガご登録はこちらから

メールアドレス

カテゴリー

アーカイブ

Copyright (C) 2015 アラフォー妻のための 夫婦仲がすごく良くなるカウンセリング All Rights Reserved.
Go To Top